ドクターズチェックプログラム
ドクターズチェックプログラムについて
ドクターズチェックプログラムとは

ワクチン接種や予防薬の投与など、感染症予防をはじめとする7つのチェックプログラムです。全国のブリーダーからお預かりしたすべての子犬・子猫は、ウェルネス管理センターにて65項目の入舎時検査を受け、その後ストレスによる病気や伝染病感染を防ぐため、獣医師による感染症予防プログラム「ドクターズチェックプログラム」を受けます。

ドクターズチェックプログラムを私たちが行う理由

まだ免疫が完成されていない子犬・子猫は感染症にかかりやすく、なかには命にかかわる非常に危険な感染症も数多く存在します。

ペッツファーストでは、そんな恐ろしい感染症から大切な命を守り、全てのペットに健康で幸せな一生を送ってもらうために、管理獣医師による感染症予防プログラム「ドクターズチェック」を実施しています。

ブリーダーから私たちが子犬・子猫をお預かりするちょうど生後8週間頃は、母親からの移行抗体が失われ、感染の危険性が最も高まります。そのため、この時期にきちんとした感染症予防を行い、抗体をしっかりと作っておくことが大切です。

全頭の健康チェックと予防プログラムを実施することで、恐ろしい感染症の脅威から大切なペットを守ることができます。それとともに、私たちはかけがえのない生命を扱う会社として、責任と自信を持って子犬・子猫をお客様の手にお渡しすることができると考えています。

ドクターズチェックプログラムの特徴
ウェルネス管理センターでの健康管理

ブリーダーが大切に育てた子犬・子猫たちは、必ずウェルネス管理センターに集められ、全頭ドクターズチェックプログラムを受けています。ウェルネス管理センターは子犬・子猫の移動ストレスを軽減するため、現在全国の3か所(東京、大阪、福岡)に拠点を構えており、今後も更に展開予定です。

ウェルネス管理センターでは獣医師が中心となり、子犬・子猫の検査や健康管理を行いますが、この間にも子犬・子猫にストレスがかからないよう細心の注意を払っています。厳しい基準をクリアし、健康状態に問題のない子犬・子猫から店舗へ移動します。

徹底した感染症予防

子犬・子猫の時には環境の変化やストレスにより、下記のような長引く体調不良や怖い感染症にかかるリスクが高まります。

そのため、私たちはすべての子犬・子猫に対してウェルネス管理センターの管理獣医師による感染症予防対策「ドクターズチェック」を行っています。 ウイルスチェックや予防プログラムは子犬・子猫に適した内容が組まれているため、発症可能性の高い感染症の抑制や重症化リスクを低減をすることで、安心してお客様にお迎えいただくことができます。

子犬・子猫の時にかかりやすい主な病気や感染症
パルボウイルス感染症
パルボウイルスによって感染します。食欲不振・発熱・頻回の嘔吐・激しい下痢、トマトジュース色の悪臭便、急激な脱水症状を起こす死亡率が高い病気です。
犬伝染性気管支炎(ケンネルコフ症候群)
しつこい空咳が1ヶ月程続きます。パラインフルエンザが主な原因です。 免疫不全で肺炎を起こすこともある病気です。
下痢
回虫や鉤虫、ジアルジア属の原虫やコクシジウムなどが腸にたくさん発生すると、嘔吐、下痢を起こします。そのうえ、発育不良となって、元気もなくなり、やせて貧血状態になります。腸閉塞をおこしたり、症状が重い場合には 死亡することもあります。
猫ウイルス性鼻気管支炎
カリシウイルスと混合感染することが多く、子猫の時にかかりやすい猫風邪の一種です。進行すると肺炎を併発することもあります。
ドクターズチェック
  • 1.混合ワクチン接種
  • 2.病気の予防薬の投与(犬のみ)
  • 3.犬パルボウイルス検査(犬のみ)
  • 4.猫白血病ウイルス検査(猫のみ)
  • 5.寄生虫駆除
  • 6.マイクロチップの装着
  • 7.ノミダニ視診および予防薬パック
    ※ 予防薬パックは一部店舗のみ取扱