ペットの難病対策(FIP)
病気を乗り越えた猫に
家族との幸せな暮らしを
ペッツファーストでは、長年「不治の病」とされていたFIPを「治る病」にするために、2018年から日本獣医生命科学大学との共同研究に取り組んでいます。
FIP(猫伝染性腹膜炎)とは
  • FIP(猫伝染性腹膜炎)とは、猫コロナウィルスが猫の体内で突然変異を起こすことで発症する、猫の難病です。その症状は、腹水や胸水が溜まる“ウェットタイプ”と内臓に肉芽腫を作る“ドライタイプ”の2つに分けられます。5歳以下の猫に多く見られる病気です。
FIP(猫伝染性腹膜炎)の症状
FIP(猫伝染性腹膜炎)の症状
発熱、沈うつ、食欲不振、体重減少、黄疸、腹水でおなかがふくれるなど症状は様々です。1歳未満の発症では進行スピードが早く、意識レベルの低下や発作、歩行不能などの神経症状が多く見られます。進行が速い場合、診断後1ヵ月以内で亡くなることもあります。
FIP(猫伝染性腹膜炎)の原因
FIP(猫伝染性腹膜炎)の原因
発症の原因は猫コロナウィルスと言われています。猫コロナウィルス自体は感染してもほとんど病原性がなく、あっても軽い下痢程度です。日本にいる多くの猫に感染経験があると考えられています。しかし、体内に入ったウイルスがある時何かしらの理由で突然変異し、強い病原性を持つ猫伝染性腹膜炎ウイルスになってしまうと、FIPとして発症し、命にかかわる重篤な症状が表れます。
共同研究の取り組みと成果
これまで長らくの間、FIPは有効な治療薬がない「不治の病」とされ、一度FIPを発症したら私たちは愛するペットが苦しみながら亡くなる姿を見守るしかありませんでした。この「不治の病」を「治る病」にするために、2018年からペッツファーストは日本獣医生命科学大学と共同研究を行い、発病のメカニズム解明や治療方法の開発などに取り組んでいます。
その結果、2020年より如実に成果が表れはじめ、たくさんの猫たちがFIPの代表的症状である腹水がなくなり、血液検査も正常値まで回復。ご家族のもとに行ける状態にまでなっています。しかし、FIPは長年「不治の病」とされてきたために「完治」の基準が存在しません。データが少ない中で、ある日突然再発というリスクとは常に背中合わせです。
「治療を続けなくてもずっと元気に暮らすことができるのか?」
「一生再発することはないのか?」
といった問いに対し、100%の保証をすることができません。
そのためにペッツファーストとしては、引き続きこの子たちの命に責任を持つために、ご家族のもとへお渡しした後も生涯にわたり経過を追いかけ、FIP完治という目標達成のため、治療開発研究を続けてまいります。
共同研究の取り組みと成果
すべてのペットに大切な家族を見つけるために
現段階でFIPの症状がなくなっている猫ちゃんは、経過観察をしつつも出来る限り幸せな生活を送ってもらうため、今後の研究や治療に賛同し、協力しながら飼育して頂ける飼い主さん(里親)にお譲りしたいと考えております。このようにFIPの治療を一旦終えて里親さんを探せるようになった猫たちを、こちらのページでご紹介することにいたしました。
この取り組みにご協力いただける方、少しでもご興味のある方は、詳しいお話をさせていただければと思いますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。
すべてのペットに大切な家族を見つけるために
里親応募条件
  • 里親応募条件1
  • 先住猫を飼育していない方(先住犬を飼育されていても問題はございません)
  • 里親応募条件2
  • FIP治療歴があり、再発の可能性が0ではないことを十分に理解して飼育してくださる方
  • 里親応募条件3
  • 譲渡前に獣医師の説明を直接受けることが出来る方
  • 里親応募条件4
  • 自由が丘動物病院での定期検診を受診可能な方(1年間のみ、最大7回)
※定期検診受診費や、定期検診期間内にFIPが再発した場合の治療費は当社負担となります。
家族を探している猫たち
(2021年9月時点)
気になる猫ちゃんの写真をクリックしてください