ペットの健康管理
ペッツファーストな健康管理
私たちは、ペットの健康を心身ともに最優先し、かけがえのない命を扱う会社としてすべてのペットに対して責任を持ちます。
65の検査項目
ペッツファーストではペットの健康管理を最も重視しています。頭部や四肢、尾部だけでなく、歯並びや鼻、耳の形などの細かい部分についてまで厳しい基準を設けており、ウェルネス管理センター到着後に計65項目について獣医師を交え全頭チェックしています。

例えば、「目」についてのみであっても、眼球(色・大きさ)、瞳孔(異形でないか、収縮はないか、左右対称か)、角膜(白濁の有無、傷の有無、ドライアイか)、結膜(赤くはれていないか、癒着がないか)、斜視(正面から見て、黒目が眼尻に半分以上隠れてしまっていないか)など多数の基準を設定しております。
感染症予防対策「ドクターズチェック」の実施
生後2~5か月齢の子犬・子猫は、まだ免疫が完成されていないため感染症にかかりやすく、発症した場合は急激な症状悪化により命を落としてしまう危険性もあります。ペッツファーストでは、そんな恐ろしい感染症から大切な命を守り、すべてのペットに健康で幸せな一生を送ってもらうために、管理獣医師による感染症予防プログラム「ドクターズチェック」を実施しています。

犬猫それぞれにあわせたウイルスチェックや予防プログラムに取り組んでいるため、発症の恐れや重症化するリスクを限りなく低く、安心してお迎えいただけるように努めています。

ドクターズチェックプログラムとは
複数の獣医師、スタッフによる健康チェックの実施
ブリーダーからお預かりした子犬・子猫は、直接店舗に移動するのではなく、必ず全国3か所(東京、大阪、福岡)のいずれかのウェルネス管理センターに集められ、獣医師および専門の管理スタッフによる健康チェックを実施しています。子犬・子猫に極力負担をかけないように、ブリーダーから最も近隣の管理センターに移動させるほか、センター内においてもストレスの少ない環境づくりや診療を心掛けています。

ウェルネス管理センターでは、65項目のチェックに加え、呼吸器症状(咳、鼻水、目脂など)、消化器症状(食欲、便、嘔吐)、皮膚疾患(フケ、カサブタ、脱毛、赤み、かゆみなど)のチェックを行っており、該当症状がある場合は獣医師による治療を行い、症状の改善までを徹底して行っています。
Inspection
ウェルネス管理センターでの健康チェック
スタッフの声
獣医師
林田 真琴
私たちは、ウェルネス管理センター内のメディカルセンターにて、日々子犬子猫達の検査や治療を行っています。そのほか、店舗やお客様から頂くペットの健康についての相談対応なども行っています。幼い子犬子猫たちですので、毎日の体調の変化を見逃さず、チームの一人一人がしっかり観察するように心がけており、健康な状態で家族のもとへ送り出せるよう努めています。体調を崩している子については、必要な検査をすべて行い、その子にあった治療を行うことはもちろん、たくさんの愛情をもって毎日のお世話をしていけるよう協力し、ペット達が幸せな日常生活を送れるように尽力しています。
ウェルネス管理センター
スタッフ
岡崎 優姫
私たちは、ウェルネス管理センターで店舗に行く前のペット達の健康管理を行っています。ペッツファーストに入ってきた子達が、素敵なご家族をいち早く見つけられるよう、日々細かなチェックを行い、店舗へ送り出しています。品質管理センターにいる日数は2~3日とごくわずかですが、細かなことでも決して見落としが起きないように、複数名でチームを組み、獣医師による検査のほかに1日5回の健康チェックを行うなど、ペットの健康管理に努めています。1頭1頭を、自身の子供のように考え、愛情ある管理を徹底し、健康な状態でご家族へ送り出せるよう、今後もスタッフ一人一人、精一杯努めていきます。