マイクロチップ普及活動

マイクロチップ普及活動

活動の趣旨

代表取締役社長正宗伸麻
ペッツファースト株式会社
代表取締役社長正宗伸麻

2006年3月より、販売する全てのワンちゃん、ネコちゃんにマイクロチップを装着しています。

これまでに約10万頭にマイクロチップを装着してきました。
この数はAIPO(動物ID普及推進会議)に登録されているペットの総数60万頭の約17%にあたります。

生体販売会社である当社の義務として捨てられるペットを作ってはならないと考えています。

マイクロチップが普及することで捨てられる犬や猫を減らす事ができます。

活動の目標

マイクロチップの普及率を高める事により、捨て犬、捨て猫をなくす。

装着頭数:計 21,419 頭(2015年2月17日現在)

ペットイベントでの普及活動

全てのペットにマイクロチップを装着するために飼い主の皆さまとペットが集まるイベントにも積極的に参加しています。
イベント会場では弊社獣医師と共にマイクロチップの有効性をご説明させて頂くと共に、その場でのマイクロチップ装着を実演し、普及活動を進めています。

ペットイベントでの普及活動報告

動物病院との普及活動

全国の動物病院の獣医師さんと連携し、「マイクロチップの普及が捨て犬、捨て猫を減らす」という考えの下、日々マイクロチップ普及が進んでいます。
現在、マイクロチップの普及活動にご賛同頂ける動物病院様を募集中です。

全国の動物病院との普及活動報告

マイクロチップ普及に関するお問い合わせ先

法人営業部:荒井
電話:03-5741-2460 (月曜日~金曜日 10:00~19:00)
FAX:03-5741-2461

マイクロチップ普及活動に関する、プレスリリース・メディア掲載はこちら

ページ上部へ戻る