ペッツファースト聴導犬育成プロジェクト 活動報告

ペッツファースト聴導犬育成プロジェクト

第2期候補犬<ウィズちゃん>レポート①

先日実施した「聴導犬の名前を決めよう!twitterキャンペーン」にて名前を募集したトイプードル「ウィズちゃん」のレポートが届きました!

昨年11月に日本補助犬協会へ委託、現在は訓練士さんの元で「家庭犬の基礎」を勉強中のウィズちゃん。現在はどのように暮らしているのでしょうか。
「他のワンちゃんにとても関心をもち、怖がらずに自分から寄っていきます。ボールなどのおもちゃにはあまり興味はないようで、膝の上で甘えるか、遊ぶ時には一人で特徴のある走り方で嬉しそうに飛び跳ねながら走り回っています。マイペースな女の子ですが、屋外、知らない人、知らない場所など、新しい環境に弱いようです。それらの克服はウィズちゃんのペースにゆっくりと進め、お部屋の中での動作を優先に訓練していきたいと思います。」
ウサギのようにピョンピョンと跳ねながら走り回る姿が目に浮かびます。苦手なものもゆっくりと克服していけますように。次のレポートが届くのが楽しみです。

お部屋の中では元気いっぱい!でもおもちゃにはあまり興味なし・・とにかく人に甘えたいようです。

一緒に遊んだあとはぴったりくっついて休憩。他のワンちゃんと暮らすことで犬の社会を学んでいます。

ページ上部へ戻る